プロフィール

夢カフェ あいくん

Author:夢カフェ あいくん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お知らせ

実施日                                              毎月、第1日曜日と第3土曜日午後2:00~4:30  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その目標は、何の目的のためですか?

MP900439285[1]

目標を持つことは、人生において大事だと思います。

目標がないと、行き当たりばったりになってしまうから。

何をやっているのか分からない人生は、退屈だから。

まあ、このように多くの人は感じていると思います。

目標を持っただけで、なんだかワクワクして充実する。

このように感じる方もいると思います。

実は、多くの方々が目標を設定する時に、ある感情があります。

それは、「現状に満足していない」という感情です。

つまり、今の「自分が嫌だ」という感情です。

この感情を持ったまま行動を続けていくと、どうなるでしょう?

「違う自分になる」ということを目標にして行動します。

私自身の経験から言えることは、なかなか願望は達成しない、
ということです。

どうしてだと思いますか?

なぜなら、自分の力を信じていないから。

行動をしても、実現しないことを信じながら行動しているから。

どれだけ行動しても、目標は達成しないのです。

このような場合は、目標を「何のために」達成したいのかを
明確にする必要性があります。

その目標を達成した時、その自分に対して周りの人はどう思っているのでしょうか?

その目標を達成した時、その自分に対して周りの人からどんな声をかけられているでしょうか?

これをイメージしてみてください。

その時ようやく、自分がどんな目的を持っているかに気づくのです。

つまり、社会に認められたいから、というような感情。

良き夫、良き妻、良き父、良き母に思われたい、など。

もともと自分が求めていたものに気づくこと。

本来の目的に気づくと、そこから強い感情が湧いてきます。

どうしても「叶えたい」という感情です。

これは、とてもパワフルな感情になります。

このパワフルな感情が、強い行動力となっていきます。
スポンサーサイト

現実は自分の想いで作られている

J0302953.jpg
こうなりたい。

目標を達成したい。

夢がある、それを叶えたい。

誰しも、このような願望を持っています。

でも、それが叶っていない「今の現実」があります。

なかなか「叶えられない」という現実があります。

どうして、叶わないのでしょうか?

それは、「叶わない」と思っている現実があるということです。

自分の「潜在意識」が、「それは叶わない」と思っている。

そういうことなのです。

意識的に、「こうなりたい」と思っても、潜在意識では
「それは無理でしょ」と思ってしまっています。

それでは叶わないのは「当たり前」です。

つまり、叶わないのが当たり前と思ってしまっているのです。

その「当たり前」が、現実になっているというだけなのです。

願望を実現させるためには、「それが当たり前」という自分を
作らないかぎり、実現しないということなのです。

そのためには、「自分を知る」ことが大切になってきます。

自分が、どんな自分を「信じている」のかを知るのです。

何を信じているのか。

それを知らないままに行動しても、やっぱり叶いません。

いつも同じところでつまづいたり、やめてしまう場合。

そんな時が、自分を知るチャンスです。

「やるぞ~!」と思っても、何故か挫折してしまう時。

どうして挫折してしまったのか。

本当に自分は、どんな自分を信じているのか。

もしかすると、挫折した時にそれを知るのかもしれません。

まずは、何を信じているのかを見つめてみませんか。

目標を達成させるには、何が必要か

MP900430526[1]
一に行動、二に行動、三も四も行動!

このように、とにかく行動することで達成できるんだと。

多くの方が、このように考えます。

でも、これしか頭にない状態ですと、どこかで破たんします。

頑張っているのに、思うような結果が出せなかった場合です。

ひたすら、結果を出すことだけに意識を向けている状態。

さて、皆さんはいかがでしょうか?

こんな状態が毎日続いたら、どうでしょうか?

どんな感情が湧いてくるでしょうか?

苦しくなってきませんか?

そうです。

つまり、行動をするには、「良い感情を伴うこと」です。

「良い感情」とは何でしょうか?

それは、その行動をすることに、意味があることです。

では、「意味」とは何でしょうか?

それを、どうしても「やりたい」と感じていることです。

これがないと、行動に向かえないということです。

この「良い感情」をつくるには、どうすれば良いのでしょう?

それは、また次回にお伝えしますね。

自己否定していた理由

私は、ずっと「自分には無理」だとか、「自分には力が無い」
と、自分に言い聞かせることを繰り返していました。

どういう時に言い聞かせていたかというと、「つまづいた時」...
「失敗した時」「考えても理解できない時」

こういう状態に陥ったときに、よくこう言い聞かせていました。

これを、「自己否定していた」とよく表現します。

実は、このように自己否定することによって、「自分を守っていたんだな」ということに気づいたのです。

つまり、このように考えることによって、それ以上挑戦することを「やめる口実」を作っていたということです。

途中でやめてしまえば、それ以上無力な自分に向き合わなくて済むわけですから。

自分を傷つけたくないから、それを避けようとしていたのです。

長い間、この思考パターンを繰り返したのです。

それ以上の失敗もしなければ、学びもしなかったのですから圧倒的に「経験値」が低いままでいるのです。

これでは、願望を達成することはできませんよね。^_^;

ということは「失敗」=「無力」を「失敗」=「学び」「成長」
に思考を変換しなければならないのです。

そして、失敗を受け止め、そんな自分が批判されたり評価されなくても、「いづれ成長して成功しているんだ」という信念を、
自分の潜在意識に「インストール」する必要性があるのです。

どうすれば、それをインストールすることができるのか。

それは、また次回にお伝えしますね。(^<^

自信を持てるようになりたいから、という理由

なぜ、その夢や目標を達成したいのですか?

それを達成できたら、自分に自信が持てるようになるから。

私も、そう思っていました。

成功体験を積んでいけば、自信の持てる自分になれると。

でも、この思考でいるかぎり成功はできない、と気づきました。

そもそも自信の無い状態では、目標達成はしないのです。

失敗や障害に直面すると、「やっぱり無理だ」と思考停止に。

この「思考停止」状態になってしまうかぎり、前進もしない。

成功はできない、と思っているから、挑戦もしない。

ここから脱却するためには、「成功したら自信になる」という
思考を変える必要があるということなのです。

また、人に「認められたら」自信を持てるという思考も同様。

自信が持てる、持てないを、周りの状況に左右されているかぎり
本当の自信は持てない状況に陥るばかりなのです。

成功をするもしないも関係なく、自分の行動に自信を持てている状態こそが、自分の望む現実を引き寄せられるということは、これまでの成功者に共通していることなのです。

過去の失敗経験をいつまでも引きずらない。

その時の自分は失敗したかもしれないが、今の、そして今後の自分はそこから学んでいけばいいのです。

学んで、修正をしていけば成功するように出来ているのです。

「自分は、こうなっている」とイメージをして、それを言葉にし
潜在意識に入れていくのです。

言葉にするだけでなく、紙に何度もペンでそれを書いてみる。

さらに、望む現実を生きている自分はどう行動しているのかもイメージしてみる。

そして、達成した自分がどう「振る舞っているのか」をイメージして、そのように振る舞う。

例えば、行ってみたい場所に実際に行くこと。
そして、どんな会話をして、周りにはどんな人がいるのか。

その人たちに、自分はどんな言葉をかけているのか。

あたかも、達成しているかのように「今から振る舞う」

すると、不思議なことに自然に望む現実が引き寄せられるようになってくるのです。

まずは、素直にこれを信じてみませんか。

そして、今日から実践してみませんか。

もっと自分を認めて欲しいと思うとき

私は、よく人に認められたいという思いから、勉強や仕事をずっとしてきました。

認めてもらうためには、中途半端なものはダメで、「優秀」でなければならないと思っていました。

でも、なかなか「優秀」な成績や、仕事上の成果をあげることは難しいものでした。

優秀(跳びぬけて良い事)でなければ、認めてもらえないと思っていましたから、絶対に認められないわけです。^_^;

そもそも、どうしてこんなに「認められたい」のでしょうか?

皆さんも、「認められたい願望」は強いですか?

認められたいと思えば思うほど、もっともっと「自分を認められなくなって」しまいます。

もともと自分を認めていないということですね。

つまり、「自分を認めたい」から、「人に認めて欲しい」という思いがどんどん増幅していきます。

もう、どこまでいってもキリが無いほどに…

その思いを、いつまで続けますか?

第20回「マインドスペース夢カフェ」の開催告知

201309022017029b0[1]
20140403235151fc1[1]
テーマ 『 コンプレックスを個性に変える 』

我々は、人それぞれ違う部分を「特徴」として認識していくときに、自分に都合の悪い部分は「短所」として認識し、自分に都合の良い部分は「長所」として認識していきます。それは単なる「特徴」に過ぎないのに、コンプレックスとして捉え、隠そうとしたりみせないようにしたりしがちです。
今回は、自分のコンプレックスと思い込んでいる部分を長所である個性に変えていくトレーニングをしてみましょう。

「アドバイザーのプロフィール」
豆腐(木股宗則) 1962年6月25日 名古屋市生まれ
コーチング・スクエア認定ライフコーチ、NPO法人コアカウンセリング支援協会認定1級コア心理カウンセラー
過去うつ病であったことや、同性愛者であることで、自分のアイデンティティの確立や孤独感・罪悪感・劣等感・自己否定感に悩んだ経験から、自己啓発・心理学に興味を持つようになる。「自己理解」「自己開示」が人間関係やコミュニケーションに欠かせないと知り、現在は地方公務員を退職し、プロとして独立、コーチ・心理カウンセラー・講師として活動中。人それぞれのココロのパターンを解析し、自分を理解していくことで、他者への承認・尊重に導いていくことで、現実的な問題解消や人の個性を活かす方法で能力を発揮させている


日時:5月4日(日曜日)午後2:00~4:30
場所:カフェ ヴァンサンヌドゥ
(名古屋市中区錦3-6-29 サウスハウスB1)
参加費(講師料):2000円(1ドリンク代込)

第19回「マインドスペース夢カフェ」開催告知

DSC_0004.jpg
DSC00240.jpg
テーマ『シリーズ「相手理解を深める」』
「話を聴き受け止める」

われわれ人間は、理解されたいという欲求を持っています。人と話をするというのは、理解されたい欲求を満たすために話をします。相手に理解して欲しいと思って話しているのに、話した後に「話すんじゃなかった」と嫌な気持ちになるときがあります。

今回は、相手の話を聴き受け止めるトレーニングをしてみましょう。

「アドバイザーのプロフィール」
豆腐(木股宗則) 1962年6月25日 名古屋市生まれ
コーチング・スクエア認定ライフコーチ、NPO法人コアカウンセリング支援協会認定1級コア心理カウンセラー
過去うつ病であったことや、同性愛者であることで、自分のアイデンティティの確立や孤独感・罪悪感・劣等感・自己否定感に悩んだ経験から、自己啓発・心理学に興味を持つようになる。「自己理解」「自己開示」が人間関係やコミュニケーションに欠かせないと知り、現在は地方公務員を退職し、プロとして独立、コーチ・心理カウンセラー・講師として活動中。人それぞれのココロのパターンを解析し、自分を理解していくことで、他者への承認・尊重に導いていくことで、現実的な問題解消や人の個性を活かす方法で能力を発揮させている

日時:4月19日(土曜日)午後2:00~4:30
場所:喫茶店「明楽時運 下津店」の癒し空間個室
(稲沢市下津大門町110番地)

第18回「マインドスペース夢カフェ」は、初めて名古屋での開催となりました。

DSC00240.jpg
第18回マインドスペース夢カフェ
本日は、名古屋会場での初めての開催となりました。
テーマは「思考パターンの癖を知る」

参加していただいた方からのご感想を一部掲載いたします。

「 アットホームなのに、とても深いテーマを扱っていて、いい時間を過ごせました。」
「 思考パターン=思い込み 誰もが持っていて誰もが気付いていない事ですが多くの人に知ってもらいたいテーマですね」
 ( 美由起組長 )

「 自分の思考パターンが分かった 」
 ( H.N )

「 自分の意思が明確にできた感じです。来て良かったと思いました」
「 自分を見直すヒントが得られて良かったです。どこでどう学ぶか。日常生活の中に学びの場がありますね」
 ( R.I )

参加者の皆様から、このようなご感想をいただけました。

主催者の私も、この空間を楽しく共有させていただくことができ、とても意義のある時間を過ごせました。

第18回「マインドスペース夢カフェ」の開催告知

201309022017029b0[1]
20140403235151fc1[1]
テーマ:「思考パターンの癖を知る」                                 

いつも同じようなところで怒る、いつも同じようなところで嫌な気分になる、いつも同じようなところで凹む、というパターンがあるとしたら、そのパターンを知っておくことで原因を探ることができたり、なるべくそういう状況にならないようにできたり、改善につながります。

主催者の私自身が、このことにずいぶん苦しんできました。夢や目標を掲げても、何故か自分には無理だと諦めてしまう癖がありました。この講義を昨年受けたことで、それは自分の「思考パターンの癖」であったことに向き合うことができました。

そして、今でもずっと取り組み続けていて、少しづつ克服できております。
今回も、1人の参加者としてワークをしてみたいと考えております。

夢や目標に向かって行動されている皆様方にも、是非聞いていただきたい内容となっております。一緒にワークをしてみませんか。

「アドバイザーのプロフィール」
豆腐(木股宗則) 1962年6月25日 名古屋市生まれ
コーチング・スクエア認定ライフコーチ、NPO法人コアカウンセリング支援協会認定1級コア心理カウンセラー
過去うつ病であったことや、同性愛者であることで、自分のアイデンティティの確立や孤独感・罪悪感・劣等感・自己否定感に悩んだ経験から、自己啓発・心理学に興味を持つようになる。「自己理解」「自己開示」が人間関係やコミュニケーションに欠かせないと知り、現在は地方公務員を退職し、プロとして独立、コーチ・心理カウンセラー・講師として活動中。人それぞれのココロのパターンを解析し、自分を理解していくことで、他者への承認・尊重に導いていくことで、現実的な問題解消や人の個性を活かす方法で能力を発揮させている


日時:4月6日(日曜日)午後2:00~4:30
場所:カフェ ヴァンサンヌドゥ
(名古屋市中区錦3-6-29 サウスハウスB1)
参加費(講師料):2000円(1ドリンク代込)

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。